国際医療福祉大学・高邦会グループ 初期研修医 合同オリエンテーション
 本年度から、齋藤宣彦先生の後任として、医学教育研修センター長に就任いたしました。医師の初期臨床研修をはじめ、当グループの医学教育の向上を目指してまいりますので、ご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。
 本年度も、国際医療福祉大学病院(栃木)、国際医療福祉大学三田病院(東京)、国際医療福祉大学熱海病院(静岡)、高木病院(福岡)の4管理型臨床研修病院から計16名の初期臨床研修医が一堂に会し、国際医療福祉大学・高邦会グループ初期臨床研修医合同オリエンテーションを開催いたしました。このオリエンテーションの目的は、広く医療グループの一員として活動し、高度な知識と技術をもち合わせたメディカルスタッフを育成している当大学の特長をまず理解していただき、初期臨床研修医が、指導医と共に相互の意思疎通を高め、より効率よく臨床研修が実行できるように企画したものであります。
 本年度の臨床研修医も、優れた医師が入職し、施設見学や講義等のオリエンテーションで当グループの現状を十分に理解した後、各々の研修病院で研修を開始いたしました。
 今後も、本大学の発展の為、初期臨床研修のみではなく、充実した後期臨床研修コースも多数準備してまいります。若き医師たちが、日本の医療の本質を学び、世界に発信する医療の実現に向けて成長していくことを期待しております。
 本ページで、合同オリエンテーションの様子をお伝えすると同時に、あわせて、国際医療福祉大学・高邦会グループに於いて、実り多い臨床研修をしていただくことを切に希望しております。

医学教育研修センター長 北島 政樹  


■実施日: 平成20年4月17日(木)〜4月19日(土)
■参加者: 当グループの初期臨床研修医16名
  栃木:国際医療福祉大学病院 2名/東京:国際医療福祉大学三田病院 4名 /
静岡:国際医療福祉大学熱海病院5名 /福岡:高木病院 5名

■研修内容:

<1日目:栃木地区>
・開講
・谷学長講義“大学の沿革と概要”
・岩尾副学長講義“医療事故防止への取り組み”
・村山委員長講義“臨床研修制度についての説明等”
・国際医療福祉大学学内見学
・国際医療福祉大学病院見学



 

<2日目:東京地区>

・2日目開講
・真船副センター長講義“研修センターおよび三田病院概況説明”
・村山委員長によるKJ法“目指すべき医師像”
・金澤副大学院長講義 “これから世に出る君達へ”
・武藤副院長講義“医師のための診療指針・医療用文書について”
・北島センター長講義“未来(あす)への扉”
・マナー、接遇研修
・高木理事長講話“これからの医療環境と医療人としての心構え”
・解散式
 

<3日目:東京地区>自由行動
・山王病院にて院長ご挨拶
・ 病院見学
・医療経営セミナー参加など


■本年度初期研修医のアンケート(一部抜粋)をご紹介いたします。