消化器内科後期研修プログラム

当施設は外科・消化器センターとなっており、外来診療・検査等は内科・外科が協力して行っている。手術症例等は非常にスムーズな診療が可能である。さらにカンファランス等も合同で多数行われている。
消化器外科は臓器別となっているが、消化器内科は外来については臓器別とはしておらず、広い範囲の疾患をカバーするよう努めている。ただし専門性の高い症例については、専門家が診療をおこなっている。当院予防医学センターの内視鏡検査は大部分が消化器内科のスタッフによって行われているため、内視鏡の研修は非常に充実している。また大腸ESDをはじめとする治療内視鏡やシングルバルーン内視鏡やカプセル内視鏡といった特殊な内視鏡検査も対応可能である。

取得できる資格(認定医等)

コース研修期間中に専門医資格申請要件を満たすもの
日本内科学会 内科認定医

コース研修期間を所定の研修期間に計上できるもの
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本肝臓学会 肝臓専門医
日本内科学会 総合内科専門医

施設認定

日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医認定指導施設
日本消化器病学会 消化器病専門医認定研修施設
日本肝臓学会 肝臓専門医認定施設
日本内科学会 教育関連施設

プログラム概略

消化器内科全領域に関して、基本的な診察・検査・診断・治療が独力で施行できるようになること、さらに高度な専門性を身に着けるための基礎となる技術・知識を習得することが目標である。ただし消化器領域は非常に広いため、日本消化器病学会専門医研修カリキュラム、日本肝臓学会肝臓専門医研修プログラムに準拠し、カンファランスに参加したり、できるだけ多くの患者を受け持つことにより消化器内科専門医としての基本を確立できるよう研修を行っていく。
また学会発表等も積極的に行うよう指導する。なお日本内科学会認定医や総合内科専門医取得のために必要な症例が不足している場合においては、責任者の許可を得て、該当する内科のサブスペシャリティを最長3か月間ローテーションすることが可能である。

募集人員

1名

研修期間

原則3年
※国際医療福祉大学・高邦会グループ病院で研修を行い、三田病院で学んだ技術・知識を生かして、より多くの患者を経験しキャリアを積めるよう配慮したプログラムです。

診療実績(平成26年度)

内視鏡件数
上部消化管内視鏡3,558件、超音波内視鏡45件、食道ESD32件、胃ESD65件、十二指腸ESD 4件、拡張術(EBD)50件、胃瘻造設63件、下部消化管内視鏡 2,974件、超音波内視鏡16件、大腸EMR719件、大腸ESD107件、ERCP84件、小腸11件

  • 消化器内科全領域に関して、基本的な診察・検査・診断・治療が独力で施行できるようになること。薬剤の選択及び利用方法に習熟する。
  • 具体的には消化器外来診療、入院患者の管理に習熟する。
  • 上部、下部消化管内視鏡検査、腹部超音波検査を単独で行える。
  • 治療内視鏡や胆道内視鏡については、指導医の指導のもと施行できる。
  • 肝がんラジオ波焼灼術については、施行内容が十分理解できる。
  • 肝動脈化学塞栓療法に関しては、施行内容が十分理解できる。
  • 貴重な症例等を学会発表することができる。

指導医師

鈴木 伸治
鈴木 伸治

内科部長
(消化器内視鏡指導医、消化器病指導医、日本カプセル内視鏡学会指導医、肝臓専門医)

国際医療福祉大学教授
消化器内科(消化管)

秋田大学卒、東京医科歯科大学大学院修了、医学博士
元東京都立墨東病院内視鏡科医長、元東京都健康長寿医療センター(東京都老人総合研究所)臨床生理部門研究所非常勤研究員、元日立総合病院、前東京医科歯科大学消化器、病態学講座助教、東京医科歯科大学臨床教授
日本消化器病学会認定指導医・消化器病専門医、日本消化器内視鏡学会認定指導医・消化器内視鏡専門医、日本カプセル内視鏡学会認定指導医、日本肝臓学会認定肝臓専門医、日本内科学会認定内科医、日本消化器内視鏡学会学術評議員、日本消化器内視鏡学会関東支部会評議員、日本消化器病学会関東支部会評議員
消化管(食道、胃、小腸、大腸)疾患に対する診断および治療を行っている。検査に関しては内視鏡検査が中心となっているが、従来、検査困難であった小腸に対してもカプセル内視鏡やバルーン内視鏡を組み合わせて、負担の少ない効果的な診断治療を行っている。

消化器内科の醍醐味は診断から治療まで、非常に多くの部分を自から手掛けることができることだと思います。そのためには、多くの知識や技術が必要となります。 技術習得のスピードは個人差がありますが、努力すれば必ず上手くなりますし、そのように指導したいと思います。
また、消化器内視鏡専門医、肝臓専門医は最短で入会から5年、消化器病専門医は入会から最短でも6年かかりますので、できるだけ早く学会に入会することをお勧めいたします。 なお、将来博士号の取得を希望される場合は、関連大学医学部と連携をとり、希望に添うことも可能です。

片岡 幹規

内科(消化器内視鏡指導医、胃腸科認定医)
国際医療福祉大学准教授
消化器内科(食道・胃・十二指腸・小腸・大腸)

東京医科大学卒、医学博士
元戸田中央総合病院消化器内科、元西東京中央総合病院消化器科、前東京医科大学消化器内科講師
日本消化器内視鏡学会認定指導医・消化器内視鏡専門医・関東支部会評議員、日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本内科学会認定内科医、日本消化管学会認定胃腸科認定医、日本潰瘍学会評議員
消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)全般を診療している。消化管出血に対する内視鏡止血術や早期がん(食道、胃、大腸)に対する低侵襲な内視鏡治療(ESD、EMR)のほか、炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎など)に対する診断、治療も行っている。また最近では、消化管のなかでも「未開の地」とされていた小腸に関しても、カプセル内視鏡や小腸内視鏡(シングルバルーン内視鏡)といった器具を用いて検査に取り組んでいる。

後期研修医キャリア形成例

1~2年目(1年6カ月間)国際医療福祉大学三田病院でのキャリア形成

病棟、外来業務を中心に行いながら、スクリーニング症例等に対しての腹部超音波検査を行う。内視鏡検査については、スコープ操作をある程度習熟してから、実際の上部消化管内視鏡検査を行う。上部消化管内視鏡検査の習熟度を評価し、下部消化管内視鏡検査の研修を開始する。

2~3年目(1年6カ月間)他施設でのキャリア形成(例)

国際医療福祉大学三田病院以外の、2つの病院から施設を自由に選択

上部および下部消化管内視鏡検査治療の実施(専門医申請に必要な検査・治療件数を実施する)
専門医申請に必要な検査・治療件数をコース全体でクリアし、包括的な内視鏡技術の体得と検査困難例へのアプローチを学ぶ。
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医認定指導施設であり、上部・下部消化管内視鏡検査、逆行性胆管膵管造影検査、超音波内視鏡検査(内視鏡下穿刺)などの検査機器が設置され、消化器内視鏡検査・治療手技を実施することができる。
PEG、大腸ポリープ切除術等内視鏡治療を習得する。
胆道内視鏡治療、各種ステント留置術を習得する。 簡単なESDを習得する。
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医認定指導施設であり、消化器内視鏡検査・治療は年間約7000件実施しており、うち大腸内視鏡検査は年間約1000件実施している。 十分な内視鏡トレーニングが可能で、消化器系がんの早期発見・治療と内視鏡技術を習得できる。小規模であるため1人当たり十分な内視鏡数を経験できる