心臓外科後期研修プログラム

心臓外科は、血管外科および循環器内科とともに国際医療福祉大学病院循環器センターの一翼を担っている。この3科で症例の提示・検討を行うことにより、患者に安全かつ高度な循環器医療を提供している。また、呼吸器外科、消化器外科、小児外科との連携も良好で、外科専門医取得に必要な症例を経験することが可能である。

取得できる資格(認定医等)

コース研修期間中に専門医資格申請要件を満たすもの
日本外科学会 専門医制度専門医(他の外科もローテーションする必要あり)

施設認定

日本外科学会外科専門医制度修練施設

プログラム概略

心臓血管疾患は食生活や習慣の欧米化・人口の高齢化にともない発生数が増加し、外科治療の重要性が増している。日本の外科学会系の専門医制度は基本領域の専門医をまず取得し、その上にサブスペシャリティの専門医をとる二段階制となっている。本修練プログラムでは、まず外科医として生涯教育の礎を築き、外科専門医のための修練を行う。大学病院内で外科の他領域の研修ローテーションも可能である。本プログラム3年終了時には外科専門医受験資格を取得を得ると同時に、心臓血管外科医療を行うために必要な知識と技量を習得する。また臨床研究を行い、洞察力を養い、新治療法の開発にも積極的に参加する。本プログラム終了時には、心臓血管外科専門医受験資格はもちろんのこと、ステントグラフト実施医、循環器専門医などの受験資格を取得できる。

募集人員

1名

研修期間

原則3年

診療実績(平成24年度)

国際医療福祉大学病院心臓外科では、2013年1月下旬より栃木県北部では初となる開心術を開始した。これまで弁膜症手術、冠動脈バイパス術、大動脈手術や複合手術を手掛けており、手術リスクの高い患者も多いが、死亡例なく良好な成績である。

  • 外科専門医の取得に必要な症例、手技を経験し、外科の専門知識と技能を習得する。
  • 心臓血管疾患の症状と理学的所見から、画像診断(X線、CT、MRI、超音波検査)、生理学的検査(心電図、トレッドミル、血液ガス分析、ABI)、心臓血管造影法、経食道超音波検査法などの適応を決定し、検査結果を解析できる。
  • 心臓血管外科専門医認定機構が定めた経験すべき基本的手技、手術を経験する。
  • 手術患者の循環管理、レスピレータ呼吸管理、輸液、輸血、感染対策などの周術期管理が適正にできる。術後合併症の早期発見と対策ができる。
  • 医の倫理に基づいた適切な態度、習慣を身につけ、チーム医療を実践できる。
  • リスクマネージメントを理解し、医療事故に際して迅速に遺漏なく対処できる。
  • 国内・国際学会において研究発表を行い、論文を発表し、医学の発展に貢献する。

指導医師

國友 隆二
國友 隆二

心臓外科部長
国際医療福祉大学教授
日本外科学会指導医、日本胸部外科学会指導医、 心臓血管外科修練指導者、外科専門医、心臓血管外科専門医、日本心臓血管外科学会国際会員

鹿児島大学卒、熊本大学大学院修了、医学博士
前熊本大学大学院生命科学研究部心臓血管外科准教授、クリーブランドクリニック留学
日本外科学会認定医・専門医・指導医、日本胸部外科学会認定医・指導医、心臓血管外科専門医・修練指導者、日本胸部外科学会正会員、日本心臓血管外科国際会員、日本血管外科学会、日本人工臓器学会、日本移植学会、日本循環器学会
熊本大学では、胸部・腹部大動脈外科、弁膜症外科、冠動脈外科などの心臓血管外科手術全般についての経験を積んできている。近年、心臓血管外科領域においては、手術手技やテクノロジーの進歩により低侵襲かつ安全な心臓手術が可能になる一方で、従来であれば躊躇されていたような重症症例に対する手術や難度の高い複合手術も、積極的に行われるようになってきている。これまでの経験を生かして、大学病院ならではの高度な外科医療を提供し、栃木県の地域医療への貢献が期待される。

当心臓外科は、国際医療福祉大学病院に開設されて間もない新しい科です。栃木県北部では当院以外に開心術を行う施設はなく、今後は施設の拡充にともない症例数の増加が見込まれます。皆さんと共に新しい歴史を作ることが出来れば幸せです。

吉永 隆

心臓外科 医員(外科専門医)

熊本大学卒
日本外科学会専門医
日本外科学会会員、日本胸部外科学会会員、日本心臓血管外科学会会員、日本血管外科学会会員、日本循環器学会会員、日本静脈学会会員
虚血性心疾患、弁膜疾患、大血管疾患等、さまざまな心臓血管疾患の外科的治療を担当する。心臓や大血管の外科手術のように緊急を要するケースの場合でも、常に迅速な対応ができるように心がけている。また、十分なインフォームド・コンセントを行い、患者様とご家族が十分納得して治療を進められるようにするほか、質の高い周術期管理に力を入れていく。

後期研修医キャリア形成例

1年目 キャリア形成

グラフト採取、開胸・閉胸

2年目 他施設でのキャリア形成(例)

国際医療福祉大学病院も含め、他の病院から施設を自由に選択

グラフト採取、開胸・閉胸、ASD等の開心術
心臓外科の基本的手技を十分確立した上で比較的単純な手術を執刀する.心臓外科においては、①開胸,閉胸.②内視鏡的採取を含めたグラフト採取(SVG,radial artery)③人工心肺,PCPSの確立.⑤胸腔,心嚢ドレナージ術.血管外科では、①下肢静脈瘤手術.②ASOに対する血行再建術
3年目 キャリア形成

グラフト採取、CABG1~2枝、単弁置換術