神経内科後期研修プログラム

神経内科では、頭痛・めまい・手足のしびれ・意識消失などの良くある症状を、神経学的診察をもとに検査治療している。パーキンソン病・脊髄小脳変性症・重症筋無力症など神経難病の診断・治療を行っている。また、物忘れ外来を開設し、認知症の早期診断や治療・療養相談を行っている。

取得できる資格(認定医等)

コース研修期間を所定の研修期間に計上できるもの
日本内科学会 認定内科医
日本神経学会認定神経内科専門医

施設認定

日本内科学会認定医制度教育関連病院
日本神経学会准教育施設

プログラム概略

神経内科専門医取得のため、脳血管障害急性期などの救急医療から、パーキンソン病や脊髄小脳変性症などの神経難病の診断・療養・リハビリテーションなど、幅広い神経疾患を研修する。

募集人員

若干名

研修期間

原則3年
※うち1年間は、国際医療福祉大学・高邦会グループで神経内科領域を取り扱っている病院へ研修の選択が可能。

診療実績等

頭痛・めまい・手足のしびれ・意識消失などの良くある症状を、神経学的診察をもとに検査・治療している。パーキンソン病・脊髄小脳変性症・重症無力症など神経難病の診断・治療を行っている。

  • 神経学的診察法ができ局所診断/鑑別診断ができる
  • 頭部CT・MRI・脳血流SPECTなど神経放射線学的診断ができる
  • 脳波の記録・判読ができる
  • 誘発電位検査(ABR SEP VEP)の記録・判読ができる
  • 末梢神経伝導速度検査・針筋電図検査の記録・判読ができる
  • 筋生検・神経生検が実施でき、病理所見の判読ができる
  • 神経心理学的診断・高次脳機能障害(失語・失認・失行)の診断ができる
  • 神経内科の代表的な疾患の診断・治療ができる
  • 意識障害:意識障害の原因や重症度の診断と治療が迅速にできる
    てんかん:けいれん発作のコントロール・てんかんの診断・抗けいれん剤の使用方法
    痴呆:アルツハイマー病や脳血管性痴呆の診断治療・家族教育とケア
    脳卒中:急性期治療・リハビリテーション・脳卒中再発予防
    変性疾患:パーキンソン病の診断治療・脊髄小脳変性症や筋萎縮性側硬化症など診断
    感染または炎症:髄膜炎と脳炎の診断と急性期治療
    脱髄疾患:多発性硬化症の診断と治療
    小児神経または代謝異常:(小児科・柳川療育センターでの研修)
    内科疾患に伴う神経障害:代謝ホルモン異常やparaneoplastic syndromeなど
    末梢神経筋疾患:ギラン・バレー症候群や多発筋炎の診断治療
    重症筋無力症:筋無力症の診断方法(テンシロン試験・反復刺激法)と治療
  • ボツリヌス毒素注射法の資格認定をうけ治療ができる
  • リハビリテーション指示や神経変性疾患の療養ケアができる
  • 内科認定医および神経内科専門医を取得する

指導医師

田中 薫
田中 薫

高木病院 内科部長(神経内科)
(日本神経学会神経内科専門医・指導医、日本内科学会認定内科医)

卒業大学:旭川医科大学
出身医局:九州大学神経内科
専門分野:神経内科
プロフィール:
日本神経学会神経内科専門医・指導医、日本内科学会認定内科医

当院では、日常遭遇する機会の多い症状(頭痛・めまい・失神・四肢のしびれ)に対して適切な病歴聴取ができ、鑑別診断が的確にできるように経験が多く積めます。また、脳疾患分野においての救急医療で遭遇する機会の多い意識障害、脳血管障害、てんかんなどの患者についても症例が多く、急性期疾患の診断治療の習得が可能です。また、急性期分野の神経疾患ばかりでなく、亜急性期分野での回復期リハビリテーションや神経免疫性疾患や神経変性疾患などの神経難病に係る症例の経験もできます。また佐賀大学神経内科教室からの若手ドクターの派遣をうけて、自由で活発な雰囲気のなかで神経疾患を勉強することができます。是非、一度見学に来てみて下さい。

遠藤 智代子

高木病院神経内科 神経内科医長
(日本神経学会神経内科専門医・指導医、日本内科学会認定内科医)

卒業大学:佐賀医科大学
出身医局:佐賀医科大学内科
専門分野:神経内科
プロフィール:
日本神経学会神経内科専門医・指導医、日本内科学会認定内科医

小池 文彦

柳川リハビリテーション病院 副院長、内科部長(神経内科)
国際医療福祉大学教授
日本神経学会神経内科専門医・指導医、日本内科学会認定内科医

後期研修医キャリア形成例

1年目前半 高木病院一般内科でのキャリア形成(例)

内科系全般を一般内科診療・救急当番・病棟業務等を通して内科全般を学ぶ。

1年目後半~2年目以降 高木病院神経内科や柳川リハビリテーション病院でのキャリア形成(例)

神経内科としての専門外来・病棟での診療を実施。
(多くの症例を経験できるように配慮する。)

3年目以降 他施設でのキャリア形成(例)

高木病院も含め、国際医療福祉大学・高邦会グループの関連病院での研修も希望に応じて対応。

主治医として自立して入院・外来患者の診療に当たる。初期研修医の指導も行う。指導医のもと、臨床研究、症例報告などの論文作成を行う。
主治医として外来・入院患者を受け持ちながら各種検査を行うとともに、臨床研修医の上級医としての指導も行なう。関連病院との連携を通じて在宅の状況を把握出来るように努め、全人的な診療の中での神経内科診療の習得を目指す。日本神経学会の定めるミニマムリクアイアメントを適切に達成出来るよう、指導医と相談し、不足する研修内容は日本神経学会をはじめとする学会教育講演会やハンズオンセミナー、各種学習会などを通じて習得出来るよう研鑽に励む。臨床研修の合間に時間的余裕が生じれば、積極的に臨床研究の成果を学会で発表し、論文化する。なお後期研修期間中の1年間、国際医療福祉大学および他の本学関連施設にてローテーションを行うが、希望と資質に応じて先進的施設への国内外留学の機会が与えられる。
神経内科医としての外来・入院診療に主治医として従事し、初期研修医のチューターとして、相談や研修指導にもあたる。
また、指導医のもと、臨床研究や学会発表などにも取り組み、神経内科専門医取得へのスキルアップを目指す。
その他、必要に応じて、他診療科とも連携してテーマを持ったスポット研修も可能とする。