整形外科後期研修プログラム

整形外科とは、骨・軟骨・筋・靭帯・神経などから構成される運動器官の疾患・外傷を対象とし、その病態解明と治療をおこなう専門分野である。健康増進習慣の広まりや社会高齢化などの構造変化に伴い、骨・関節・脊椎における外傷やスポーツ疾患、変性疾患は増加傾向にある。
当院整形外科では関節外科、脊椎外科、手外科、スポーツ障害、外傷(骨折など)を主に診療している。特に変形性関節症では保存療法だけでなく、関節鏡視下デブライドメントや人工関節置換や骨切り術を行っている。また最少侵襲手術として手根管症候群や腰椎椎間板ヘルニアなどに小皮切手術を行い、良好な成績をあげている。

取得できる資格(認定医等)

コース研修期間中に専門医資格申請要件を満たすもの
日本整形外科学会認定 整形外科専門医 
※研修期間は臨床研修期間を含め6年以上の研修期間が必要です。認定研修施設での研修3年以上を含む4年以上の整形外科専門研修を修了していることが条件となります。

施設認定

日本整形外科学会認定
整形外科専門医基幹研修施設

プログラム概略

初期研修の内容により、個々の整形外科に対する理解度が異なるので、無理なく有意義な整形外科研修ができるよう指導する。
日本整形外科学会卒後研修ガイドラインに沿った整形外科疾患の病態・診断・治療についての基本的知識、検査手技および手術手技を習得することを目標としている。4年間終了時に日本整形外科学会認定整形外科専門医を取得。(日本整形外科学会認定整形外科専門医は、日本整形外科学会会員となり日本整形外科学会の認定施設で臨床研修6年完了後、受験資格が得たれる。ただし、卒後初期研修期間2年間は日本整形外科学会に入会していなくても必要研修期間に含めることができる。)

募集人員

2名

研修期間

原則4年(3年間コースもあり)
※うち1年間は、国際医療福祉大学・高邦会グループで整形外科領域を取り扱っている病院へ研修の選択が可能です。
※整形外科専門医受験資格を得るためには後期研修として最低4年が必要です。
※3年間コースの場合には、あと1年を研修施設で、研修をすることが必要となります。

主要な入院診療実績(平成24年度)

その他

今後人工関節手術では、コンピュータナビゲーション手術の導入を予定しています。

整形外科専門医は、あらゆる運動器に関する科学的知識と高い社会的倫理観を備え、さらに、進歩する医学の新しい知識と技術の修得に日々邁進し、運動器に関わる疾患の病態を正しく把握し、高い診療実践能力を有する医師であり、生活習慣や災害、スポーツ活動によって発生する運動器疾患と障害の発生予防と診療に関する能力を備え、社会が求める最新の医療を提供し、国民の運動器の健全な発育と健康維持に貢献することに努めなければならない。専門医取得後は上述の能力を備え、保存的および手術的治療ならびにリハビリテーション治療などを実行でき、運動器疾患に関する良質かつ安全で心のこもった医療を提供できることを到達目標としている。

指導医師

杉原 俊弘
杉原 俊弘

整形外科部長(整形外科指導医、義肢装具適合判定医)
国際医療福祉大学教授

東京慈恵会医科大学卒、医学博士
聖マリアンナ医科大学客員教授
日本整形外科学会認定整形外科専門医・脊椎脊髄病医、義肢装具適合判定医、日本骨折治療学会評議員、東日本整形災害外科学会評議
人工膝関節置換術や膝靭帯再建術などが専門で、軟骨や半月板など関節鏡視下に処置を行っている。米国のメイヨー・クリニック、ケース・ウェスタン・リザーブ大学に2年間留学していた経験を生かし、良質の医療をご提供している。

整形外科の診療は、診断から 保存治療・手術治療 そして 社会復帰または 競技復帰に向けての リハビリテーションにおよび、すべて一貫して担っています。 整形外科は患者から勤労者へ、 患者からアスリートへと道を拓く医療です。一方で、 高齢者社会の到来により、 さらに整形外科に対する 社会的ニーズは高まっています。患者さんから、社会から、強く求められている 整形外科医療を 一緒に始めませんか?

眞島 任史

整形外科部長(整形外科指導医、日本リウマチ学会専門医・日本体育協会スポーツドクター)
国際医療福祉大学教授

北海道大学卒、医学博士
北海道大学病院客員臨床教授、前北海道大学大学院特任教授
日本整形外科学会認定整形外科専門医・専門医資格認定委員会委員・学術用語委員会委員、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医、日本医師会健康スポーツ医、日本体育協会スポーツドクター、日本人工関節学会評議員・国際委員・人工関節登録調査委員、日本関節病学会評議員、日本臨床バイオメカニクス学会評議員、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会評議員、日本運動器リハビリテーション学会評議員。
腱・靭帯のバイオメカニクスに関する研究により、日本人として初めて米国整形外科スポーツ医学会より最優秀基礎研究賞受賞。1997年より3年間、カナダ、アルバータ州の研究費を獲得しカルガリー大学整形外科でバイオメカニクスと分子生物学を融合した新しい研究領域を拓いた。臨床分野では卒後一貫して下肢関節の機能再建を行っており、手術はこれまでに人工関節置換術1,500例以上、関節鏡視下十字靭帯再建術500例以上の術者としての経験があり、前任地で人工関節・再生医学講座教授として仕事をしてきた。これまでの経験を生かし、日本に1,000万人いるといわれている変形性関節症の患者様のQOL(生活の質)の改善をお手伝いできるよう努めている。

倉持 大輔

整形外科(整形外科指導医、動器リハビリテーション医)
国際医療福祉大学講師

聖マリアンナ医科大学卒、医学博士
日本整形外科学会認定整形外科専門医・リウマチ医・運動器リハビリテーション医・スポーツ医
整形外科全般を診療している。手外科を専門とし、地域医療に貢献できるよう努めている。

松井 秀平

整形外科(整形外科専門医)

日本医科大学卒
日本整形外科学会認定整形外科専門医・リウマチ医・スポーツ医、日本体育協会公認スポーツドクター
外科治療、骨折手術、人工関節を中心に治療を行い、地域医療に貢献できるように努めている。

久光 愛

整形外科(整形外科医員)

自治医科大学卒
一般整形外科疾患を担当している。地域医療の経験を生かし、患者様の生活背景や基礎疾患を含めた総合的な視点で診療を行うよう努めている。

後期研修医キャリア形成例

1年目 国際医療福祉大学病院でのキャリア形成

整形外科全般の研修を行う。入院患者の主治医として治療にあたるとともに、外来患者の診察を通して術後のケアを学ぶ。救急外来では救急患者の治療を学ぶ。術者としては主に外傷の治療を行う。

2年目 他施設でのキャリア形成(例)

国際医療福祉大学病院も含め、4つの病院から施設を自由に選択

整形外科全般の研修を行う。入院患者の主治医として治療にあたるとともに、外来患者の診察を通して術後のケアを学ぶ。
救急外来では救急患者の治療を学ぶ。術者としては外傷以外に慢性疾患の治療を行う。
整形外科医と脳神経外科医がお互いの垣根を取り払った脊椎脊髄センターで研修ができる。(対象疾患:腰部脊柱管狭窄症・腰椎すべり症・腰椎分離症・腰部椎間板ヘルニア・頸椎症・頸椎症性脊髄症・頸部椎間板ヘルニア・後縦靱帯骨化症・黄色靱帯骨化症・脊髄腫瘍・脊髄血管障害など)膝関節や股関節の人工関節置換術、鏡視下前十字靭帯再建術などの関節鏡手術の研修を経験。スポーツ障害に関して多数の関節外科手術の研修。足の外科外来、手の外科外来にて、いずれも臨床経験が豊富な専門医による指導を受けられる。また、脊椎・脊髄センターにて、椎弓術の習熟を中心に、研修を行うこともできる。
入院患者の主治医となり、人工関節置換術や半月板切除などを経験する。高齢者の大腿部頸部骨折などでは、早期リハビリの実施などによるQOLの改善や、退院後の病診連携などを学び、全人的な治療を行う。
大腿骨近位部骨折の骨接合術ができる。整形外科外来診察ができる。病棟回診ができて、看護師、リハビリスタッフに指導、教育ができる。
3~4年目 国際医療福祉大学病院でのキャリア形成

できる限り多くの症例について、主治医として経験する。人工関節置換術や脊椎手術などについても、習熟度を見ながら術者として対応してもらう。